ちほ小宇宙へようこそ☆彡


by chihoharada
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

長編小説

先日ノーベル文学賞を受賞したカズオ・イシグロの「日の名残り」を読み終えて、久しぶりに読み応えのある充実感を覚えた。
イギリスの格式ある名家に長年仕えた執事が人生の終盤を迎え、繁忙から開放されて旅に出て回顧する。
歴史と時代を通して執事が見聞きし体験した人間模様と自分自身の仕事に対する姿勢を優美に抒情的に表現している。
それはまるで重厚な美術館で名画を鑑賞している感がある。
特に執事が旅の終わりに体験する夕暮れどきの描写は情景と執事自身の人生が重なり合い、切なく胸に迫る。
最終章までゆっくりとしたリズムで流れる文体は心地よく、読む者の気持ちを捉えて離さない。
翻訳者の土屋政雄の表現も素晴らしいこともあり、満足感溢れる素晴らしい長編小説に出逢えた。

e0157891_15385512.jpg



Photo:Chiho Harada
https://www.facebook.com/chiho.harada.12
https://www.instagram.com/chihorrin
https://twitter.com/Chihorrin
# by chihoharada | 2017-11-10 16:54 | Comments(0)