ちほ小宇宙へようこそ☆彡


by chihoharada
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

skull(頭蓋骨)の存在

一年もの間、悩みに悩んだ末に・・・決心してインプラントにすることにした。左上の奥歯3本が無くなってしまったのだ。
3本ものインプラントをするのには恐ろしくて不安だらけだったが、事前にCT検査して医師からPC上でシュミレーションを見せてもらって充分納得がいったからだ。
4月10日朝10時から手術は始まった。
上奥歯なので口はこれ以上開かない裂けるかと思うほど引っ張り広げられた。不安は募るばかりだが、手術は始まってしまったのだから、もうまな板の鯉だ。
部分麻酔は効いているが、意識ははっきりしてるので上顎の骨に穴を3箇所も開ける音はしっかり聞こえる。
聞こえるだけでなく頭蓋骨にゴリゴリと響き渡る振動と音が凄すぎる。
虫歯などの治療のガリガリ感も苦手だったが、そんなものは序の口だ。その何十倍もの凄さだ。
歯茎に人工歯根を埋めこむために骨に穴を開けたら、金槌のようなもので金具をカンカン打ち付けつける。
次にキュキュっとネジを締め上げる不気味きな音。
人間の骨はこんなにも頑丈なものかと改めて驚く。
自分自身の頭蓋骨という存在がこんなにもクローズアップされて感じたのは初めてだ。
約2時間ほどで手術は無事終了したが、抜糸まで後1週間は口の中だけに食事は難しい。
抜糸が済んでも骨肉と人工歯根が結合するまで2ヶ月を要するらしい。
更に人工歯を被せる治療が続き、美味しいものを食べられるまでは、かれこれ半年以上もかかる。
食いしん坊には辛抱の長い道程だ。
e0157891_1518886.jpg
  ●ベルギーのアーティスト、ヤン・ファーブルの作品から

Photo by Chiho Harada 
https://www.facebook.com/chiho.harada.12
https://www.instagram.com/chihorrin
https://twitter.com/Chihorrin
by chihoharada | 2017-04-13 16:25 | ..oO○ | Comments(0)