ちほ小宇宙へようこそ☆彡


by chihoharada
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

<   2016年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

日は父の日と先日亡くなった女優の白川由美さんが重なって、すっかり忘れてしまっていたことがふっと甦った。
この話は父も母も現世の人でなくなった今、もう時効の話だからいいだろう。
これは私が北海道の釧路に住んでいた13歳頃の遠い昔の話だ。
我家は父と母と弟と四人家族で、日曜日には必ず4人揃ってレストランで食事をすることになっていた。
あの日も家族揃って浮き浮きと繁華街をレストランへと足を運んでいた。
その時、前方からこちらへ向かって歩い来る人波の中でひと際目立つ美しい女性がいた。
その女性はすれ違う瞬間に「あらご家族揃ってお出かけ?」と父に小さな声で話しかけた。
父は「あ、どうも」とだけ言うと人目には何事もなかった通行人同士のようにすれ違った。
勘の鋭い母はその一瞬を見逃さず「どなたなの?」と父に問いかけた。
父はブスッとした表情で「あ~商談で使ってる料亭の女将だよ」と素っ気なく答えた。
その日のレストランの食事は子供心にいつものような楽しくなかったことを覚えている。
して3年の月日が流れ、私が16歳のとき父の仕事の都合で釧路を去ることになった。
駅のプラットホームには父の仕事関係や母の友人や弟と私の友達が大勢見送りに来て別れを惜しんでいた。
やがて発車のベルが鳴り響き、ドアが締ると列車は少しづつ動き出した。
そのとき列車の窓際に群がらり手を振る人たちの後方を動き出した列車とともに走りだす女性が目に止まった。
あっ!! なんとそれは数年前、道路ですれ違ったあの時の女性ではないか。
列車がどんどんスピードを増すに従って、スカートの裾をひるがえし懸命に走るその姿は16歳の私の胸にも迫るものを感じた。
後ほど配達された郵便物でその女性の名が女優さんと同姓同名の白川由美さんだということを知った。
の晩年に、それとなく聞いてみたことがあったが、にっこり笑って「懐かしい話だね」と云うだけで何も語らず終いだった。
e0157891_17502999.jpg

https://www.facebook.com/chiho.harada.12
Photo.ChihoHarada

by chihoharada | 2016-06-20 17:51 | ..oO○ | Comments(0)

眠る花

物は通常、朝起きて多種多様なことで動きまわり、夜は眠る。
その他に昼寝をしたり居眠りをしたりもする。
しかし、植物は直立不動で定められた場所を動くこともならず、せめての頼みの綱は風に身を委ねるだけだ。
ところが・・・・そうでもないことが最近わかった。
彼らの中にはしっかりと夜は眠っている賢いモノもいるのだ。
朝、水撒きをする頃、合歓の木はすっかり葉を閉じてまだ眠りから覚めない様子。
アメリカンブルーは花びらをクシュッと萎めてまだまだ夢のなか。
睡蓮鉢に浮く睡蓮も花びらをしっかり閉じて蕾のような風体で眠っている。
やがてだんだん日が昇ると、合歓の葉は手の平を目一杯広げるように大きく開く。
そしてアメリカンブルーもクシュクシュ萎んだ花びらを目覚めの伸びをするように広げる。
睡蓮も気持ちよさそうに水面に浮かび上がり華麗な花を開かせる。
そして一日が終わり、日が傾き始めだすと、それぞれは眠りの世界へと準備を始める。
やがて濃い夜の匂いが漂い出すと、彼らは葉や花を目を瞑るがごとくしっかり閉じると眠りの世界へと入っていく。
屑が瞬く夜や光々とした月夜には、ゆらりゆらりどんな楽しい夢をみるのだろう。
強い雨に打たれたり強風に煽られる夜は只ならぬ恐怖を感じて嘆いているのだろうか。
いやいや、どんなときも睡眠をたっぷりとって「明日は良い日に決まってるさ」と悠悠自適の精神にちがいない。

e0157891_15225754.jpg
e0157891_15231558.jpg
✿赤合歓
.................................................................................................

e0157891_1523356.jpg
e0157891_15235448.jpg
✿アメリカンブルー
.................................................................................................

e0157891_15544498.jpg
e0157891_1555562.jpg
✿睡蓮

.................................................................................................
https://www.facebook.com/chiho.harada.12
Photo.ChihoHarada

by chihoharada | 2016-06-14 15:55 | テラス物語 | Comments(0)

紫陽花づくし

間もなく雨の季節を迎えようとするこの頃には、都会であっても何処を歩いても紫陽花に遭遇する。
公園は勿論のこと、路地裏や家々の玄関や庭に、まるで番犬のように紫陽花が鎮座している。
文字にすれば紫の陽の花と書く位だから確かに紫色は多いのだが、決して紫だけではない。
白もあれば青やピンク、実に多種な色と形があって、ふくよかなその美しさは心を癒やすのに十分な魅力を備えている。
我が家のテラスにもピンクとホワイトの紫陽花が咲き誇っているが、雨の季節を好むだけあって、晴天の日は1日に3度の水遣りをしないと、いとも悲しげに崩れるようにぐったり萎れてしまう。
雨の季節がピッタリ似合うのは、きっと雨が大好きだからだろう。
間もなく入梅。
憂鬱な日々に生き生きと且つ楚々としたその儚げな美を存分に披露し、心に光りを投げかけてくれるだろう。
e0157891_15484692.jpg

e0157891_15352533.jpg

e0157891_15354256.jpg

e0157891_1535585.jpg

e0157891_15361267.jpg

e0157891_15405379.jpg

e0157891_15362775.jpg

e0157891_15364947.jpg

e0157891_153796.jpg

e0157891_15372332.jpg

e0157891_15373783.jpg

e0157891_1538413.jpg

e0157891_15382773.jpg

e0157891_15384862.jpg

e0157891_15391953.jpg

e0157891_15393858.jpg

https://www.facebook.com/chiho.harada.12
Photo.ChihoHarada

by chihoharada | 2016-06-05 15:51 | きれい~可愛い♥ | Comments(0)