ちほ小宇宙へようこそ☆彡


by chihoharada
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2016年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧

建物の不思議

e0157891_10204966.jpg
その日はポカポカと陽光が優しく心地よい小春日和だった。
所用で上野の東京芸大まで出かけた際に、小さなシャレた建造物に出くわした。小さいがどことなく国会議事堂の中央部を思わせる風格ある建造物で、心惹かれた私は近づいて見た。
入り口はもう閉鎖されていて、かっては博物館動物園駅の出入り口だったと説明した小さなプレートが貼られていた。
ちょっと心に残ったので帰宅後、少し調べてみたら設計者は中川俊二で1933年にこの入口は開業し、老朽化により1997年に閉鎖されたそうである。   調べついでに国会議事堂についても誰が設計したものかが気になり、調べてみることにした。
すると・・・国会議事堂はなかなか不思議な経緯(いきさつ)があり、紆余曲折の果に竣工したのであった。
建築計画が始まったのは明治40年(1907年)頃で、最初に建築家として選出されたのは、官庁建築の第一人者である妻木頼黄でした。
ところが、東京駅や日本銀行本店を手掛けた建築界の大御所の辰野金吾が、国会議事堂の設計が悲願であるのだと言い出したのだ。
互いに譲らず、激しい主導権争いをしてるちに心労のために妻木は亡くなってしまった。
そこで辰野は設計を公募による懸賞コンペ形式をとったのだが、その審査の最中に今度は辰野が亡くなってしまったのだ。そこで既にコンペの一等に選ばれた宮内省技官の渡邊福三が設計した設計案に決定したのだが、またもや渡邉は選出された直後に亡くなってしまったのだ。
結局は官僚建築家たちによる合同チームが議事堂の設計を担うことになり、計画から55年経った昭和11年(1936年)に『国会議事堂』は様々な建築家の悲願を載せ、やっとのことで完成したのであった。
今日も黄昏どきに、車で国会議事堂前を通り過ぎたが、陽が沈んだばかりの空に美しく映える国会議事堂が、どこか憂いを含んで見えたのは、紆余曲折の不思議を知ってしまったからだろうか・・・。
e0157891_1023594.jpg


https://www.facebook.com/chiho.harada.12
https://www.instagram.com/chihorrin
https://twitter.com/Chihorrin
Photos.Chiho Harada
by chihoharada | 2016-10-29 11:12 | 街角物語 | Comments(0)

小さな春

e0157891_1513630.jpg


吹く風はやわらかで暑くもなく寒くもない。
めったにないこんなポカポカと心地よい春のような秋の日を、小春日和というのだろう。
こんな日はテラスで、レモングラス・ティーを飲みながらちょっとひと息。
そろそろ生の新鮮なレモングラスもお終いだ。
ポットに葉をギュッと詰めて熱いお湯を注ぐと、レモングラスはグリーンの鮮やかさを一段と増し、独特のいい香りを漂わせはじめた。
傍らで風に頭をゆらゆら揺らしてる秋桜を摘んで、花びらをグリーンに染まったティーカップの周りに散らしてみた。
嗚呼~・・・・なんて美しい!!!
もしかして・・・本物の春が一足飛びで空を翔(か)け、テラスの片隅でちょっと戯けてみせたのかな???

e0157891_15134159.jpg


https://www.facebook.com/chiho.harada.12
https://www.instagram.com/chihorrin
https://twitter.com/Chihorrin
Photos.Chiho Harada
by chihoharada | 2016-10-21 15:55 | テラス物語 | Comments(0)

幸せな間借り

激しい暑さが遠のくと同時に樹々の葉も緑を脱いで黄や紅に衣替えを済ませ、宙を舞い出した。
涼しさはあっという間に寒さに変わり、ニットやファーの温もりが恋しくなる。
こんな時季は、取り分けて何もないのに気持ちまでもスウスウして心寒い。
そんな時、友からの宅急便が届いた。
包をほどくと新米がどっさりと手作りの梅干し数種が入っていた。
添えられた手紙には、田舎から新米を送ってきたが、この美味しい新米を自分だけではなく、ぜひちほさんにも食べてもらいたいと書かれていた。
そしていつだって心の中にちほさんが住んでいて、美味しいものや嬉しいことは一番に届けることで幸せを感じるのだと書かれていた。
手紙を読んでるうちに、緩やかに不思議な温かさが身体を包んだ。
なんという優しさなんでしょう。
なんという嬉しいことでしょう。
私は自分でも気がつかないうちに友の優しさの中に、間借りさせてもらっていたのだ。
スウスウしていた心のすき間は急遽ビシっと目貼りされ、幸せが漂いだした。
e0157891_14404626.jpg

e0157891_14411249.jpg

https://www.facebook.com/chiho.harada.12
https://www.instagram.com/chihorrin
https://twitter.com/Chihorrin
Photo.Chiho Harada
by chihoharada | 2016-10-17 15:38 | ..oO○ | Comments(0)