ちほ小宇宙へようこそ☆彡


by chihoharada
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

楽しい偲ぶ会

今日は公私に渡り先輩でも有り、
大切な友人であった「中嶋利栄さんを偲ぶ会」だった。
昨夏、心筋梗塞で突然逝ってしまったのだ。
生前親しかった仲間が大勢集まって
哀しみは皆個々の心のポケットに仕舞い込み、
エピソードを語り合うワイワイ笑顔の楽しいパーティになった。
それは彼の人柄がそうさせたのだろう。
きっと自分も一緒に参加して笑ったりお喋りがしたかったからでしょう。
中国、宋元時代の画家である顔輝の作品「十六羅漢尊像図」について
30数年に渡って研究し続けて、いつかは一冊の本にまとめて
発表するのが彼の夢でライフワークだった。
ところが残念なことに、あともう少しというところで
本完成に至らぬままに逝ってしまった。
あれだけの熱い思いをなんとかしたいと未完成の原稿を見て
仏教美術に全く造詣の無い私は途方に暮れた。
未知の言語が羅列された原稿はかなり難解なものだった。
それでもなんとか偲ぶ会に間に合わせたいと、
今まで見たことも無かった中国の古書に目を通したり
試行錯誤しながら一応本完成まで辿りつくことが出来た。
きっと今頃は自分が生涯思い続けた顔輝についての研究結果の本を
親しかった友人たちに渡すことが出来てホッとしているに違いない。
そして涙や哀しみとは無縁のまるでお祝い事のような
楽しい「偲ぶ会」になったのは、彼の人柄もさることながら
彼を愛したステキな友人たちのハートがそうさせたに違いない。
e0157891_14372683.jpg
中嶋利栄・著「空印寺旧蔵十六羅漢尊象図」
e0157891_9343863.gif
by chihoharada | 2009-05-23 22:00 | Comments(0)