ちほ小宇宙へようこそ☆彡


by chihoharada
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

法王の微笑みが甦る「悪魔と天使」

雨の日は映画にでも行こう。
六本木ヒルズ・シアターへ「悪魔と天使」に鑑賞に。
ここは名物の大きなキャレメル・コーンを抱えて映画を観ることが出来るのが楽しい♪

ストリーはカトリック教会の総本山であるヴァチカンは、科学者たちを弾圧していた。
ガリレオ・ガリレイを中心とする科学者たちは、秘密結社イルミナティとして
密かに活動していたが、ローマ教皇逝去に際して、そのイルミナティが400年の沈黙を破り、
ヴァチカンへの復讐を始めた。
彼らは4人の教皇候補を誘拐し、科学の四大元素である土・空気・火・水をアンビグラムに
デザインした焼き印を胸に押しつけた後、惨殺すると予告したのだ。
この恐ろしい計画を阻止するため、ヴァチカンはラングドン教授(トム・ハンクス)に助けを求めた。
彼はガリレオがローマの名所に隠したイルミナティにつながる暗号を次々と解き進めていく。
だが、既にヴァチカン崩壊へのカウントダウンは始まっていた・・・。
e0157891_76167.jpg
e0157891_765072.jpg
上は映画映像より

ヴァチカンを中心にローマ市内撮影を酷使した映画は迫力満点で
心をひきつけるのには充分だった。
4年前の5月にヴァチカン市国へ足を運んだことがあった。
丁度この映画のようにローマ法王が逝去した年で
4月に選出された新法王が決まったばかりだった。
このとき私はサン・ピエトロ大聖堂内をアチコチ見学して歩くうちに迷ってしまった。
全く人気の無い薄暗い廊下に出たとき突然現れた聖堂内警備員にいきなり止められた。
荘厳な廊下の奥から大勢の足音が近づいて来るのに驚いて目を凝らすと
重厚な装束に身を包んだ僧侶たちが列をなして近づいてきた。
そして一番最後に思いもよらぬ法王が現れたのだ。
いけないと思いつつ思わずカメラを向けると
法王はカメラ目線でにっこり微笑むと手を振ってくれた。
今日の映画「悪魔と天使」はこのときのサンピエトロ大聖堂の内部や
警備員、僧侶たちと法王の表情などが私の中で重なり合って
臨場感たっぷりに素晴らしく楽しむことが出来た。
e0157891_8214014.jpg
e0157891_8215235.gif
Commented by まる at 2009-06-01 18:47 x
ローマ法王に手を振らせるとは、ちほさんもなかなか素晴らしい!!
きっと思わず手を振りたくなるような気分だったんでしょうね。
Commented at 2009-06-09 10:18
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
by chihoharada | 2009-05-30 23:58 | Comments(2)