ちほ小宇宙へようこそ☆彡


by chihoharada
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

息 吹

e0157891_9563692.jpg


e0157891_957276.jpg


e0157891_958549.jpg


e0157891_10203986.jpg


ビルの谷間から顔を出した朝陽がグングンと凄いパワーで昇っていく。
その有り様は全身に勇気となって浸透してくる。
久しぶりの暖かな風がシフォンの羽衣を広げるように優しく街を包む。
我がテラスのライラックの新芽もグゥ~ンと青の空に突き出した。
雪柳の白い小さな花々も肩寄せ合って英気を披露している。
散歩道の石垣で出会った雑草はほんの小さな小さな隙間から
顔を覗かせて強い力でしっかり空を見つめていた。
春は素晴らしい。
閉ざされていた冬を突き破って新しい息吹が生まれる。
もうすぐピスタチオ・グリーンの風が吹き、
新しい緑がゆらゆら揺れて美しい花たちが咲き、
小鳥や虫たちが謳歌する季節がやってくる。
自然はある意味とても怖いが、とても優しい。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
しかし、今回の福島原発事故から半月ほども過ぎた昨日になって
以前から懸念されていたプルトリウムが検出されたと東電の発表があった。
プルトニウムは、「人類が初めて作り出した放射性核種」であり、
「かつて人類が遭遇した物質のうちでも最高の毒性」を持つとされている。
東京電力はプルトリウム測定器を持っていなかったそうであるから、
事故発生直後以来それが露見するのを恐れて最も怖いことを隠してきたのだろうか・・・。
会見では「人体には影響がない微量・・」といつものお決まりの文句で締めくくっていたが、
なんともお粗末で恐ろしいことか。
自然の摂理を曲げて原子力に利便な優しさを求めたのがそもそもの間違いであって、
人間の驕りが一番恐ろしいことなのかもしれない。


写真:はらだちほ
HP:http://www.chihoharada.com/












............................................................下記の広告は 「ちほりごと@」 とは無関係です.......................................................
by chihoharada | 2011-03-29 13:31 | ..oO○ | Comments(0)