ちほ小宇宙へようこそ☆彡


by chihoharada
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

西瓜の君(きみ)

e0157891_1553622.jpg

わぁ~待ちに待った今年初の待望のスイカだ。
スイカ大好き人間としては夏の声を聞くとスイカに目がないのだが今年はちょっと事情が違った。
スーパーや果物屋に山積みされたり半月にカットされてきれいに並ぶ赤いスイカの君たちを
横目で眺めながら忍の一文字で素通りしてきた。
なぜならば5月末頃にテラス菜園に可愛い双葉のスイカの苗を植えたからだ。
それからは本当にあのまぁ~るい緑の縞々模様のスイカが出来るのだろうか・・と毎朝
起きるとテラスに出ておはようの挨拶代わりに観察を始めた。
やがて弱々しい手を伸ばすように蔓が伸びどんどん葉が大きくなり茎も太くなっていった。
そしてある日いくつかのレモンイエローの花を咲かせた。
さてさてそれでは蜂や蝶にお願いしてもいいのだが気まぐれさんに頼っても埒が明かないので
絵筆を持ち出しせっせと花粉を運ぶお手伝いの日が何日か続いた。
その気持ちが功を奏したのかある朝、葉影をそっと覗くと10円玉位の小さな小さなスイカの
ベビーが産毛いっぱいに守られて誕生していた。
うぉ~っ!!・・・ジャンプしたくなるようなその時の喜びはまだ記憶には新しい。
e0157891_1551579.jpg
雨が明けると真夏の太陽がジリジリ照りつける中、わが道を行くとばかり日に日に大きさを重ね
「スイカだよ」と云わんばかりに緑と黒のシマシマ模様は大胆に迫力を増していった。
そして遂に収穫の日がやって来た。
栄養と水のパイプ役をしていた茎に挟みを入れるときがやってきたのだ。
ふぅ~っと深呼吸をひとつすると思い切ってパチンと茎を切り離した。
持ち上げるとズッシリとした一端の重量感が両手に伝わりむくむくと入道雲のような嬉しさが
体の中に湧きあがった。
して・・そして・・いよいよ頂く時間がやってきた。
ガラス皿に乗ってニッコリ笑ったまっ赤な顔は何処から見ても立派なスイカだ。
お味はどうかな・・と、おそるおそる一口食べてみたら・・なんと、とても甘い。
この西瓜に義理立てして今年初めて頂くスイカだということを考慮してもこれだけフレッシュで
美味しいスイカは最近食べたことがないほど美味しいではないか。
スイカ栽培は初めての挑戦だったが・・・沢山の楽しみと喜びと美味しさをさり気無く教えてくれた。
今年の夏の一番の想い出をプレゼントしてくれた西瓜の君(きみ)に心からの感謝だ。
e0157891_1545757.jpg

https://www.facebook.com/chiho.harada.12
Photos.ChihoHarada
by chihoharada | 2014-07-30 15:36 | テラス物語 | Comments(0)