ちほ小宇宙へようこそ☆彡


by chihoharada
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

捨てられ拾われ

車を運転してならスムーズに目的地に行くことが出来るのだが、これがどう言う訳か地下鉄だとサッパリなのだ。
ヒドイ電車オンチの上に地図オンチで困っている。
どうしても地下鉄で行かねばならない事情のときは、いつだって前日からソワソワ落ち着かない。
先日も初めての場所の会合に地下鉄で出かける事になり、前の日にPCの路線図で何度もリハーサルして準備万端整ったはずが、いざ本番ともなると全く勝手が違いグズグズになってしまった。
当日、乗り換えを間違えたりもしたが、何とか目的地近くの駅である国立競技場前で下車することができた。
が、この駅が新国立競技場建設中とあって普段とは様相が違う。
地上に出た瞬間からどちら方向に向かえばいいのか地図とにらめっこで立ち往生してしまった。
辺りを見渡しても人影がなく国立球技場工事現場はびっくりするほど大きく、遥か彼方の工事車両の出入り口に警備員の姿があるだけだ。
やむ終えないので警備員を頼りにテクテクと近ずいて行くと、こちらを見てた警備員はクルリと後ろを向いてしまった。
それでも頼みの綱なので側まで辿り着くと地図を差し出し、「こちらの建物に行きたいのですが、どのように行けばいいでしょうか」と訊ねた。
警備員は面倒臭そうに「あっちの方向じゃないかな」とそっけない。
それ以上食い下がるのは無理と判断した私は「ありがとうございます。あっちですね」とあまり定かではない方へと足を進めた。
こんなに難解な工事中の駅から出てきた人たちは、困ってきっとあの警備員を頼りにするのだろう。
一日中仕事でそこに立つ警備員にとっては、駅から人が出てくることが恐怖になってるのかもしれない。
親切さの欠片もない事に意味付けしてる場合ではない。困り果てながら言われた漠然としたあっちやらの方に行ってみるが、それらしき建造物は見つからない。
兎に角、この辺りは尋ねるにも人が歩いてないので途方に暮れてしまった。
その時、ある大きなビルから二人の女性が出てきた。私は飛びつくように二人の前に立ちはだかった。
驚いた二人は目を大きく見開きながらも話を聞いてくれると、丁寧に道順を教えてくれた。
しかしワタシの雰囲気が理解してないように感じたのか、私たちも同じ方向だからと連れ立ってその建造物前まで一緒に歩いてくれた。
7〜8分だったであろうか本当に同じ方向だったのか定かではないが、親切に貴重な時間を割いてくれたのだ。
帰途、同じ道を引き返しながら「捨てる神あれば拾う神あり」・・・何事も悲観する事なかれ人生は捨てたものじゃないと、心で呟きながら行きは重かった足取りが嬉々と軽くなっていた。

e0157891_15044780.jpg
Photo.ChihoHarada


by chihoharada | 2018-10-09 11:47 | Comments(0)